どんな車がレンタカーで借りられる?

“自動車を借りるレンタカーは、いったいどのような自動車を借り受けることができるのでしょう。普通自動車運転免許でどのくらいの車種を借り受けることができるのでしょう。

乗用車として借り受けるなら軽自動車やミニバン、コンパクトカーなどが多いようです。レンタルという特性を活かして、少し荷物が多くなるような遠出をする時や、旅先での移動に使用する時などにレンタカーの需要があるようです。

貨物運搬なら軽トラックや4トントラック、引っ越しなどで発生する大型の荷物を運ぶために必要なトラックやライトバン、ロングバンなども借り受けることができます。

休日や行楽シーズンにはアウトドア用にRV車、大人数を乗せて移動できるマイクロバスやなどが貸し出される確率が高いそうです。

基本的には普通自動車運転免許に記載されている範囲で車を借り受けることができますが、少し珍しい車だと台数がなくキャンセル待ちということもあります。レンタカーを借りる時は予約していたほうがいいかもしれません。”

2015年3月29日 | Posted in: kaiteki | コメント非対応

レンタカーの業務とは

“レンタカー会社が基本行っている業務のほとんどは自動車の貸し出しです。そして自動車を貸し出す際に発生する諸手続きや自動車にかけたり、顧客に入ってもらったりするための保険業務、自動車の整備・維持業務を行う必要があります。

保険業務は主に自動車をレンタルした顧客が事故を起こした場合に備えるために加入しています。レンタカー会社は一定基準以上の任意保険に加入しなければならないように定められています。また顧客が運転初心者である場合に保険に加入してもらうこともあります。

また自動車は個人で借り受けるほか、法人の代車登録や借り受け契約で使用されたり、自動車保険の代車特約などでレンタカーを手配する保険会社があるため、その自動車として登録したりするという業務もあります。

また整備・維持に関しては、会社によって取り扱う車種が完全に・おおむね決まっている会社と多種多様な車種を取り扱う会社とに分かれているので、会社それぞれに専門の整備士をおいている場合が多いようです。”

2015年3月14日 | Posted in: kaiteki | コメント非対応