レンタカーとは何か

“事情があって自動車を借りなければならない時に、自動車を貸してくれる業者から自動車を借り受けます。その業者や貸し出された自動車のことをレンタカーと言います。カーリースという言葉もありますが、カーリースは一年以上の借り受け契約なのに対し、レンタカーは一年未満の借り受け契約、つまりレンタルするものです。

商売として自動車レンタルを始めるためには道路運送法の規定と運輸支局長の定める基準に基づいた許可が必要です。以前はカーリースも同様の許可が必要でしたが、近年の制度改正以降、カーリース会社は許可制ではなくなりました。

貸し出しの基本は時間制です。中には日数単位で貸し出してくれる業者や、近年出現している週単位、月単位でレンタルできるようにしている会社もあります。

ちなみに『カーシェアリング』というものも、集合住宅などの互助活動の一環として行っているものを除き、企業などが行っている有償のものは、法令上レンタカー扱いであるため許可申請が必要となっています。”

2015年2月28日 | Posted in: kaiteki | コメント非対応

レンタカーの需要が増えるかも

“消費税や軽自動車税があがることにより、レンタカーの需要は増えることになるのかもしれません。自動車を所有する事を諦めて必要な時にはレンタカーを利用する場合が増えるのではないでしょうか。

今回の税率アップは排気量の大きな自動車にとっても影響があります。負担が増える事は確実です。ガソリン代も今まで以上にかかることになります。ガソリン代にかかる消費税が上がるのですから。ですから排気量の大きな自動車は所有する事を諦めてレンタカーを利用する事やエコカーに乗り換えるほうがお得になりそうです。

しかしレンタカーの利用料金自体にも消費税がかかります。ガソリンも満タンにして返す必要があるため、その負担は大きくなるのではないでしょうか。利用回数も減ることになるのかもしれません。政府は所得を大幅にアップさせるから大丈夫といっていますが、それが庶民に行き渡るまで上手くいくのか不安ではないでしょうか。そうなるまでは庶民の財布のヒモはきつくなるのではないでしょうか。”

2015年2月14日 | Posted in: kaiteki | コメント非対応