レンタカーで借りられる車の種類

レンタカーのメリットとして、借りる度ごとに好きな車を選べるということがあります。
取り扱う車種はレンタカー業者によって異なりますが、ほとんどの場合のサイズでクラス分けされています。
軽自動車・乗用車クラス、ミニバン・ワゴンクラス、バン・トラッククラス、バスクラスなどです。

最近ではエコカークラスでハイブリッド車もレンタルすることができます。
その他、業者によってRV車や福祉専用車の取り扱いがあることもあります。
こうしたクラスの中で取り扱われている車を見ることができますので、気分に合わせて乗りたい車を選んだり、

引っ越しやレジャーなどその時に必要な車を選ぶことができます。
レンタカーの車両は、走行距離の問題や顧客に常に新型車を提供するという観点から短いサイクルで交換されることが多いようです。
格安レンタカーの場合は逆に中古車を導入することで料金を安く抑えているようです。

走行するうえでは問題はありませんが、中古車はエンジンのへたりも考えられますのであまり長距離の走行は避けたほうが良いでしょう。

必要に合わせて使えるレンタカー

格安レンタカーの仕組み

レンタカー業者にはいろいろありますが、よく知られている大手チェーンのレンタカー以外に
格安レンタカーと言われている業者もあります。その料金は大手業者と比べると半額程度とかなり安くなっています。
これらの格安レンタカーは、ガソリンスタンドや自動車整備工場、中古車販売業者などが副業として行っているもので

フランチャイズのシステムを利用しています。副業で行っているので、いろいろなコストを本業のほうで賄うことができます。
例えば、車の洗車や整備点検なども自分たちの営業所で行えますし、
ガソリンスタンドであれば返却時にその場で給油してもらえばその分の利益も上がります。

このようにして、その分レンタカー料金を安く抑えているのです。ただ、レンタカーの基本料金はかなり安くなっていますが、
その他のオプション料金は大手業者とあまり変わりません。大手業者では無料で装備されているカーナビゲーションやETCにも
オプション料金が必要で、そうした装備をつけると大手業者の料金とあまり変わらなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

レンタカーオプション