レンタカー業者の種類

レンタカー業者の営業所は日本全国どこにでもあり、その数は何千軒にもなります。
大手チェーン業者の営業所が多いようですが、個人経営などの小さなものもあります。
一番一般的に知られている業者は自動車メーカーやそのディーラーが母体となって経営されている自動車メーカー系の業者でしょう。

その他には大手チェーンだけれど自動車メーカーの系列ではない独立系(非自動車メーカー系)の業者、
利便性を考えて駅で営業されている駅レンタカー、大手と比べてかなり安い料金で貸し出す格安レンタカーなどがあります。
自動車メーカー系はトヨタレンタカー、日産レンタカーなど、独立系はオリックス自動車、日本レンタカーなどがあります。

駅レンタカーはJRの子会社として運営されているレンタカー業者で、
電車を降りてすぐ車を借りることができるという利便性をいかしたサービスです。
JRの鉄道料金とレンタカーをセットにしたお得な料金設定などもあります。

格安レンタカーは、主にガソリンスタンドや自動車整備工場などが副業として行っているレンタカー業者です。
本業のほうで様々なコストをカバーできるためレンタカー料金はかなり安い設定になっています。

レンタカー会社

レンタカーシステムの仕組み

レンタカーはお金を払って車を貸し出すサービスのことです。また、そのサービスで借りた車のこともレンタカーと言います。日本全国に様々なレンタカー業者の営業所があり、希望の営業所から車を借りることができます。車を借りる際にはまず電話やインターネットで予約をします。予約の際は希望の出発日時、返却日時、出発店舗、返却店舗、利用したい車の種類を伝えて空き状況を確認します。基本的には利用する車の種類と利用時間によって料金が定められており、使った燃料代は実費で支払う、もしくは給油して車を返却することになります。車種を選ぶ際にオプションとして車の装備もいろいろと選ぶことができます。最近ではカーナビゲーションやETCは基本装備として無料で設置されていますが、その他チャイルドシートやスタッドレスタイヤ、タイヤチェーン、スキーなどのキャリア、4WD仕様など、必要に応じて追加することができます。このようにレンタカーは、必要な時に必要な車を借りることができるサービスで大変便利です。

レンタカーとは?