快適、レンタカー生活

“レンタカーというと国内や海外での旅先で借りるというものというイメージもありますが、
もっと身近に日常生活で利用すればお得で快適なレンタカー生活ができるかもしれません。
マイカーを持って入れば普段の生活でレンタカーを借りる機会はほとんどないことでしょう。

ただ、生活スタイルにもよりますが、週末ぐらいしか車を使わないような場合には様々な維持費や経費を計算すると
必要な時にレンタカーを借りるほうが安くなることが多いのです。最近では長期で借りられるサービスとして
マンスリーレンタカーやウィークリーレンタカーなどのシステムも出ていて、日割りで計算するのと比べると

とてもお得な料金で借りることができます。特に格安レンタカーと呼ばれるような会社ではかなり安い料金で長期レンタルを行っていたり、
月曜日から金曜日の平日に連続してレンタルする場合に特に安い料金を設定していたりと、様々なサービスが展開されいます。
生活スタイルに合わせてうまく利用することで便利でお得なレンタカー生活が実現できるでしょう。”

2014年11月14日 | Posted in: kaiteki | コメント非対応

海外でレンタカーを借りる際の注意点

“旅行や出張などで海外に行ってレンタカーを借りる機会もあることでしょう。
海外でレンタカーを借りる場合の注意点や日本での運転との違いはなんでしょうか。
まずレンタカーを借りる際ですが、現地に行ってから予約するよりもあらかじめ日本で予約しておくほうがお得なことがことが多いようです。

現地では空車状況によって混雑しているときはレンタカー代が高くなってしまうこともあるようです。
また現地では必要な保険は別に契約しますが、日本から予約するとそれもセットになっていて安心です。
運転では、多くの国では日本と逆で車は左ハンドルで道は右車線を走りますので慣れるまでは注意が必要です。

交通標識も当然日本では見かけないものがあります。一般的な標識は国際的に大体同じようなデザインになっていますが、
それぞれの国の事情にあった標識にはわからないものもあります。さらに交通ルールも日本と違う場合がよくありますので、
事前に訪れる国の交通ルールを確認しておくと安心です。また、ガソリンスタンドの利用の仕方などはレンタカーを借りる際に聞いておくとよいでしょう。”

2014年10月27日 | Posted in: kaiteki | コメント非対応

海外でレンタカーを借りるには

海外旅行に行く際、自由に現地を楽しむにはレンタカーを借りるのが便利なこともあります。海外のレンタカー会社にはハーツ、エイビス、アラモ、バジェットなど有名なものがいくつかあり、いずれも旅行会社を通したり直接インターネットで日本からの予約ができます。多くの場合海外では21歳からレンタカーを借りることができます。また、海外で運転するには国際免許証が必要です。国際免許証の取得には試験などはなく、有効な日本の運転免許証があれば最寄りの運転免許試験場でその日のうちに発行してもらえ、一年間有効です。多くの国ではこの国際免許が有効ですし、ハワイやグアムの場合は日本の免許証だけでも車を運転することができます。海外に行ってからレンタカーを契約する場合、保険は別に契約することも多くありますのでこちらも忘れないように契約しましょう。もし言葉に不安がある場合はあらかじめ日本で予約していくのが無難です。海外で運転したりレンタカーを借りる条件は国によって違いますので、旅行先が決まったらレンタカー会社に確認するのがよいでしょう。
rent-car海外レンタカー

2014年1月23日 | Posted in: kaiteki | コメント非対応

レンタカーの利用する際の注意点

レンタカーは利用したことのない人にとってはよく分からないシステムで、知らない車を運転するのにも抵抗があるでしょう。
しかし、旅行やレジャーに行く際など、人数や条件によっては電車を使うより安くなることもあります。
利用する際の注意点を押さえておけば安心です。

レンタカーを利用する際の注意点としては、まず保険や補償内容を確認すること。
レンタカー業者で自動車保険に入っているので対人、対物、人身傷害、車両などの補償は含まれていますが、
バッテリーがあがったりパンクしたりという時には実費で対応しなければならないこともあります。

そうした内容をきちんと確認しておくとよいでしょう。そして何かトラブルがあった時にはすぐに営業所に連絡しましょう。
次に返却時間を確認すること。レンタカーは時間で料金が決まりますので予定時間を過ぎれば延長料金がかかることもありますし、
次に予約が入っていたり営業所の営業時間の関係で延長できないこともありますので

返却時間をしっかり確認して余裕を持って移動するようにしましょう。
あとは、慣れない車ですから出発する前に使い方をある程度聞いておくこと、傷の有無をきちんとチェックしておくこと。
そして返却時には燃料を満タンにすること。注意点に気をつけて安全に利用しましょう。

rent-car-trave

2013年12月26日 | Posted in: kaiteki | コメント非対応

レンタカーのメリット、デメリット

レンタカーにはマイカーを所有するのに比べてメリット、デメリットがあります。
まず費用の面では、マイカーにかかる保険料、税金、車検代などの維持費がかかりませんし、定期的なガソリン代も発生しません。
週末だけしか車に乗らないというような場合には、コストの面ではレンタカーのほうがお得になることが多いのです。

その他には、レンタカーなら乗りたいときだけ借りて自分でメンテナンスを気にする必要はありません。
また、借りる度にいろいろな車種に乗って楽しむこともできますし、キャンプなどのレジャーや引っ越しなどの特別な用途の際には
それに合った車を借りることができます。旅行に行った先など好きな場所から借りることができるのも便利です。

デメリットとして、営業所まで車を取りに行かなければならないことや、予約をしなければならず混雑時期には予約が取れなかったり
希望の車種がなかったりということも考えられますが、日本全国どこでも気軽に車が借りられて、旅先などでは特に便利なサービスです。

レンタカーのメリット

2013年11月14日 | Posted in: kaiteki | コメント非対応

マイカーかレンタカーか

マイカーを所有するのとレンタカーを借りるのではどちらがお得なのでしょうか。
あまり交通公共機関が発達していない地方では交通手段として車が不可欠なことが多く、
そういう場合はレンタカーの選択肢はないでしょう。

しかし、街中に住んでいて平日はほとんど車を使わず、週末にも毎回車で出かけるわけではないような場合には
実はレンタカーのほうが得になることも多いのです。
マイカーを所有すれば当然いつでも好きな時や必要な時に車に乗ることができます。

しかし、ガソリン代、保険料、税金、車検代などを考えるとその維持費は年間約50万円ほどかかると考えられます。
その他に駐車場代もかかれば出費はさらにかさみます。
一方、レンタカーは借りている時間にもよりますが、レンタル料、保険免責料金、ガソリン代をあわせて

一回7,000円~8,000円ほどで週末ごとに借りたとしても年間50万円はかからないでしょう。
それに、お金に余裕がない時は乗らなければよいのです。
ライフスタイルに合わせてどちらが向いているか考えるとよいですね。
レンタカーかマイカーか?

2013年11月2日 | Posted in: kaiteki | コメント非対応

レンタカーで借りられる車の種類

レンタカーのメリットとして、借りる度ごとに好きな車を選べるということがあります。
取り扱う車種はレンタカー業者によって異なりますが、ほとんどの場合のサイズでクラス分けされています。
軽自動車・乗用車クラス、ミニバン・ワゴンクラス、バン・トラッククラス、バスクラスなどです。

最近ではエコカークラスでハイブリッド車もレンタルすることができます。
その他、業者によってRV車や福祉専用車の取り扱いがあることもあります。
こうしたクラスの中で取り扱われている車を見ることができますので、気分に合わせて乗りたい車を選んだり、

引っ越しやレジャーなどその時に必要な車を選ぶことができます。
レンタカーの車両は、走行距離の問題や顧客に常に新型車を提供するという観点から短いサイクルで交換されることが多いようです。
格安レンタカーの場合は逆に中古車を導入することで料金を安く抑えているようです。

走行するうえでは問題はありませんが、中古車はエンジンのへたりも考えられますのであまり長距離の走行は避けたほうが良いでしょう。

必要に合わせて使えるレンタカー

格安レンタカーの仕組み

レンタカー業者にはいろいろありますが、よく知られている大手チェーンのレンタカー以外に
格安レンタカーと言われている業者もあります。その料金は大手業者と比べると半額程度とかなり安くなっています。
これらの格安レンタカーは、ガソリンスタンドや自動車整備工場、中古車販売業者などが副業として行っているもので

フランチャイズのシステムを利用しています。副業で行っているので、いろいろなコストを本業のほうで賄うことができます。
例えば、車の洗車や整備点検なども自分たちの営業所で行えますし、
ガソリンスタンドであれば返却時にその場で給油してもらえばその分の利益も上がります。

このようにして、その分レンタカー料金を安く抑えているのです。ただ、レンタカーの基本料金はかなり安くなっていますが、
その他のオプション料金は大手業者とあまり変わりません。大手業者では無料で装備されているカーナビゲーションやETCにも
オプション料金が必要で、そうした装備をつけると大手業者の料金とあまり変わらなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

レンタカーオプション

レンタカー業者の種類

レンタカー業者の営業所は日本全国どこにでもあり、その数は何千軒にもなります。
大手チェーン業者の営業所が多いようですが、個人経営などの小さなものもあります。
一番一般的に知られている業者は自動車メーカーやそのディーラーが母体となって経営されている自動車メーカー系の業者でしょう。

その他には大手チェーンだけれど自動車メーカーの系列ではない独立系(非自動車メーカー系)の業者、
利便性を考えて駅で営業されている駅レンタカー、大手と比べてかなり安い料金で貸し出す格安レンタカーなどがあります。
自動車メーカー系はトヨタレンタカー、日産レンタカーなど、独立系はオリックス自動車、日本レンタカーなどがあります。

駅レンタカーはJRの子会社として運営されているレンタカー業者で、
電車を降りてすぐ車を借りることができるという利便性をいかしたサービスです。
JRの鉄道料金とレンタカーをセットにしたお得な料金設定などもあります。

格安レンタカーは、主にガソリンスタンドや自動車整備工場などが副業として行っているレンタカー業者です。
本業のほうで様々なコストをカバーできるためレンタカー料金はかなり安い設定になっています。

レンタカー会社

レンタカーシステムの仕組み

レンタカーはお金を払って車を貸し出すサービスのことです。また、そのサービスで借りた車のこともレンタカーと言います。日本全国に様々なレンタカー業者の営業所があり、希望の営業所から車を借りることができます。車を借りる際にはまず電話やインターネットで予約をします。予約の際は希望の出発日時、返却日時、出発店舗、返却店舗、利用したい車の種類を伝えて空き状況を確認します。基本的には利用する車の種類と利用時間によって料金が定められており、使った燃料代は実費で支払う、もしくは給油して車を返却することになります。車種を選ぶ際にオプションとして車の装備もいろいろと選ぶことができます。最近ではカーナビゲーションやETCは基本装備として無料で設置されていますが、その他チャイルドシートやスタッドレスタイヤ、タイヤチェーン、スキーなどのキャリア、4WD仕様など、必要に応じて追加することができます。このようにレンタカーは、必要な時に必要な車を借りることができるサービスで大変便利です。

レンタカーとは?